TOP > プログラム:臨床美術講座

夜間・週末講座 臨床美術講座 資格取得講座 科目等履修生・聴講生

臨床美術講座

美術が本来もっている「脳を活性化する力」や「心を癒す力」を、社会の多様な場面で活かせる「臨床美術士の資格取得講座」を中心に、一般の方や絵が苦手な方でも楽しめる「日本臨床美術協会」認定の講座を展開します。
臨床美術講座のフライヤー(チラシ)は、こちらからダウンロードいただけます。

プログラム一覧

※開講日が早い順に掲載しています。内容・金額などは変更になる場合があります。

035 ※申込受付終了

臨床美術士養成講座4級取得コース(秋) 臨床美術を実践する力を身につける [全7回]

●日程=10/15(土)・16(日)・29(土)・30(日)、11/12(土)・19(土)・20(日)
9:30~16:50 
●講師=大倉葉子(臨床美術士)
●会場=本館講義室 
●受講料=270,446円(授業料194,400円/教材・テキスト代27,446円/資格認定試験料48,600円) 
●定員=20名 
●申込締切日=9/27(火)


※資格に関する詳しい情報は、日本臨床美術協会のホームページをご覧ください。

http://www.arttherapy.gr.jp/

 

DSC_1556DSC_1555

5級を取得した方を対象に、臨床美術士として活躍するためにさらなるスキルアップを目指すコースです。
知識と技能を深め、現場で継続的に臨床美術を実践していく力を身につけます。
実技では、オイルパステル、水彩、アクリルなどによる幅広い表現方法を学習します。ロールプレイングや、高齢者対象の現場実習など、より実践的な演習も含まれます。
講座修了後の認定試験(課題提出)により臨床美術士4級の資格が認定されます。

講座内容:
●10月15日(土)
臨床美術基幹Ⅱ:「臨床美術研究成果」
臨床美術アートプログラム制作:「思い出の空」
臨床美術アートプログラム制作:「土偶」
臨床美術コミュニケーションⅡ:「ギャラリートーク」

●10月16日(日)
臨床美術アートプログラム制作:「石のアナログ画」
臨床美術アートプログラム制作:「アジの干物を描く①」
臨床美術アートプログラム制作:「アジの干物を描く②」
臨床美術学演習 「つまずき、ルービンの壺、純粋輪郭画、修正輪郭画」

●10月29日(土)
臨床美術学演習 「白と黒の魔術、右脳的な見方、きみ子式」
臨床美術学演習 「ジェスチャー画」  
臨床美術教材研究「共同制作」
臨床美術教材研究「アートプログラムにおける造形素材」        

●10月30日(日)
臨床美術コミュニケーションⅡ「現場セッションについて」
「子どもの現場セッション」DVD 
指導案演習「実習に向けて試作」
臨床美術コミュニケーションⅡ「鑑賞会」 

●11月12日(土)
指導案演習「フリー実習振り返り」      
指導案演習-3・4・5「ロールプレイング」

●11月19日(土)
現場実習
指導案演習 「実習振り返り」

●11月20日(日)
臨床美術基幹Ⅱ 「臨床美術プロデュースについて」
「認定後の活動について」
指導案演習Ⅱ「五感のアナログ画ロールプレイング」
総括

※講義内容は変更になる場合があります。
※各回の持ち物については、受講案内や開講時にご案内いたします。


036 ※申込受付終了

修了生研修講座③ モノトーンアートプラグラム [No.7-9] [1回]

●日程=11/6(日) 10:00~12:00 
●講師=高橋文子(臨床美術士) 
●会場=アトリエ棟 
●受講料=16,200円
●定員=20名(臨床美術士5級以上/資格認定会員のみ)
●申込締切日=10/20(木)


※臨床美術士資格更新制度の単位取得対象になります(3単位)。

 

DSC_4927DSC_4922

モノトーンアートプログラム研修会は墨、木炭、鉛筆などを基本の描画材料として、高齢者から子どもまで幅広い年齢層に適応した内容が特徴です。シンプルでありながらも素材やモチーフ(テーマ)の魅力を最大限引き出し、じっくりと制作することができます。

【研修プログラム内容】 
No.7「アナログレリーフ楽しい顔」※参考作品制作
No.8「つながる輪」※ポイント説明 
No.9「墨で描くキラキラピーマン」※ポイント説明

037 ※申込受付終了

修了生研修講座④ 色鉛筆アートプログラムNo.33-38《フェリシモシリーズ》  1回

●日程=11/6(日) 13:30~15:30 
●講師=高橋文子(臨床美術士) 
●会場=アトリエ棟 
●受講料=12,150円
●定員=20名(臨床美術士5級以上/資格認定会員のみ)
●申込締切日=10/20(木)

※臨床美術士資格更新制度の単位取得対象になります(3単位)

 

DSC_4940DSC_0027

2013年からフェリシモで発売している『脳が目覚めるお絵かきプログラム』のために考案されたものです。さまざまな画材を揃えることが難しい現場など、 制約の多い現場での実施しやすい人気のアートプログラム研修会です。

【研修プログラム内容】

No.33「いろいろ田んぼ」 
No.34「トレーシングペーパーに描く玉ねぎ」
No.35「つながる色と形フロッタージュパズル」 
No.36「モザイクリズム」
No.37「バラを描く」
No.38「葉っぱのネガポジ画」
※No.37は参考作品制作、それ以外はポイント説明

▲上へ戻る