TOP > プログラム:夜間・週末講座

夜間・週末講座 臨床美術講座 資格取得講座 科目等履修生・聴講生

夜間・週末講座

お仕事終わりでも受講可能な平日夜間や週末の土日に、幅広い分野から興味やレベルに合わせて開講。絵画や工芸・和太鼓など、本格的な技術で作品制作や演奏ができます。

プログラム一覧

※開講日が早い順に掲載しています。内容・金額などは変更になる場合があります。

015 ◎申込受付中

感性の和太鼓(Cクラス) 伝統曲を習得し演奏発表を目指す [全10回]

●日程=土曜日(9/30, 10/7, 14, 21, 28,
          11/4, 11, 18, 25, 12/2 )
●時間=各回 16:30~17:30
●講師=川口幾太郎
              (基盤教育研究センター教授)
●会場=体育館 
●対象=小学生〜高校生、親子
●受講料=中学生以下12,300円
                 大人(高校生・親)14,300円
                (傷害保険料800円含む) 
●定員=16名
●締切日=8月1日(火)~9月11日(月)


伝統曲「屋台囃子」を覚え、演奏できるようになることを目標とします。
初めての方は、曲と型を覚えて演奏ができるようになることを目指します。経験者は、音と動きの質と表現に着目した演奏を目指します。なお、講座終了後、希望により太悳主催の演奏会に出演します。  

●持ち物:運動着、体育館用シューズまたは地下足袋、タオルなど。 
※練習に使用するバチは講座の時間のみお貸しします。

受講申込

016 ◎申込受付中

感性の和太鼓(Dクラス) 伝統曲を習得し演奏発表を目指す [全10回]

●日程=土曜日(9/30, 10/7, 14, 21, 28,
            11/4, 11, 18, 25, 12/2)
●時間=各回 17:30~18:30
●講師=川口幾太郎
      (基盤教育研究センター教授)
●会場=体育館 
●対象=大学生~60歳まで
●受講料=14,300円
                  (傷害保険料800円含む) 
●定員=24名
●締切日=8/1(火)~9月11日(月)


伝統曲「屋台囃子」を覚え、演奏できるようになることを目標とします。
初めての方は、曲と型を覚えて演奏ができるようになることを目指します。経験者は、音と動きの質と表現に着目した演奏を目指します。なお、講座終了後、希望により太悳主催の演奏会に出演します。 
 
●持ち物:運動着、体育館用シューズまたは地下足袋、タオルなど。 
※練習に使用するバチは講座の時間のみお貸しします。

受講申込

013 ※申込受付終了

感性の和太鼓(Aクラス) 伝統曲を習得し演奏発表を目指す [全10回]

●日程=土曜日(5/13, 20, 27,  6/3, 10, 17,24  7/1, 8, 15)
●時間=16:30~17:30 
●講師=川口幾太郎(基盤教育研究センター教授)  
●会場=体育館 
●対象=小学生~高校生、親子 
●受講料=中学生以下:12,300円/大人(高校生・親)14,300円(傷害保険料800円含む)
●定員=16名
●申込受付=3月1日(水)~3月28日(火)

伝統曲「三宅」を覚え、演奏できるようになることを目標とします。
初めての方は、曲と型を覚えて演奏ができるようになることを目指します。経験者は、音と動きの質と表現に着目した演奏を目指します。なお、講座終了後、希望により太悳主催の演奏会に出演します。

●持ち物など:運動着、体育館用シューズまたは地下足袋、タオルなど。
※練習に使用するバチは講座の時間のみお貸しします。

014 ※申込受付終了

感性の和太鼓(Bクラス) 伝統曲を習得し演奏発表を目指す [全10回]

●日程=土曜日(5/13, 20, 27,  6/3, 10, 17,24  7/1, 8, 15)
●時間=17:30~18:30 
●講師=川口幾太郎(基盤教育研究センター教授)  
●会場=体育館 
●対象=大学生~60歳まで 
●受講料=一般:14,300円(傷害保険料800円含む)
●定員=24名
●申込受付=3月1日(水)~3月28日(火)

伝統曲「三宅」を覚え、演奏できるようになることを目標とします。
初めての方は、曲と型を覚えて演奏ができるようになることを目指します。経験者は、音と動きの質と表現に着目した演奏を目指します。なお、講座終了後、希望により太悳主催の演奏会に出演します。 

●持ち物など:運動着、体育館用シューズまたは地下足袋、タオルなど。
※練習に使用するバチは講座の時間のみお貸しします。

▲上へ戻る